大阪のまぶた専門眼科で眼瞼下垂の手術を受けました。

術後は視界が広がり肩こりがなくなった

眼瞼下垂 大阪なら : 眼瞼下垂手術の名医

帰宅後した直後くらいから麻酔が切れたようで鈍い痛みを感じましたが、痛み止めの服用と患部を冷やすことによって回復し、顔に水がかからないように体だけシャワーを使用して早々に就寝しました。
翌朝、鏡を見ると全体的に腫れた感じでしたが痛みはなく、処方してもらった専用の洗顔剤で顔を洗います。
翌日も腫れは引かず、この腫れはどれくらいで引くのだろうかと多少の不安もありましたが、手術後3日目辺りから徐々に引いていくのが実感でき、3週間もするとほとんど傷口も分からなくなりました。

9月8日日曜日おはようございます
大阪で、恒例の眼瞼下垂交流会です。

台風は今夜にやって来るようですが、それにも負けぬようなパワーで過ごします。

写真はマツバボタン
今日も良い一日でありますように。
pic.twitter.com/8Wh4YTay1H

— 大場美津子 (@ooba_san) September 7, 2019
手術をして感じたことは何よりも視界が広がったことと、肩の痛みが軽くなったことです。
妻からも表情が今までと違うと言われますが、実際に肩こりがなくなったことでストレスもなくなったと実感しています。
腫れが酷かったときはどうなることかと心配しましたが、眼瞼下垂手術を受けて本当によかったと思っています。

まぶたが重く垂れ下がっている状態だった | まぶた専門の眼科で眼瞼下垂と診断され手術 | 術後は視界が広がり肩こりがなくなった